不用品は処分

引越しをすることが決まったら不要なものは処分をするのがいいです。
荷物が多ければ多いほど引越しの料金は上がってきますので荷物を捨ててしまうことで
料金を下げることが可能になります。
特に大きいもの、ベッドやタンスなどは処分してしまうことでかなりの値下げが期待できます。
処分方法はいくつかありますがまずは譲ることのできる相手がいるかどうか考えてみましょう。兄弟でもいいですし友人でもいいです。
タンスや机が必要な人がいれば譲ることで無料で処分することができます。
またまだ使えるようなものであればインターネットオークションやリサイクルショップで売るというのもおすすめです。
もし売ることができるのであれば無料どころかお金が入ってきますのでかなり嬉しいですよね。
ただし送料なども考慮する必要があります。大型のものですと送料もかなりかかる場合が多いですので売却代金よりも送料の方が高いなんてことも考えられます。
やはり一番多いのは捨てるという方法ですね。
大型の荷物は粗大ゴミとして出すことになります。
コンビニや市役所で粗大ゴミの処理券を購入して指定された日に指定された場所に出せば持って行ってくれます。
また処理場まで持っていくという方法もあります。
持ち込みをすれば処理の手数料が割引になるか無料という場合もあります。
車で持っていけるといった場合は持って行ってしまいましょう。
ただし粗大ゴミとして出せない荷物もあります。
それはテレビや洗濯機、冷蔵庫などの家電です。
『家電リサイクル法』で決められていますので電気屋に連絡して料金を払って引き取ってもらうことになります。